FC2ブログ
支配される事―。 自由を奪われ、主に心も体も繋がれる… そう考えるだけで、背中がぞくぞくしてくる。 こんな気持ち、誰にも打ち明けられない… だからブログを造りました。 私が本当の私でいられる場所… 訪問者は遠慮なくこの森に迷い込んできてくださいませ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ご主人様の言葉
―ご主人さまはちこに、こうおっしゃいました―

「生きていれば誰にだって辛いこと、苦しい事はある。
世の中には成功者も幸せ者もいる。
そして、その逆もいる。

ただ・・・その基準は誰かが決めているわけではない。
要は・・・感性に左右される。

物事や価値観、感性は9割が他人との比較で成り立っている。
人間には必ず当り前のラインがある。
快と不快
人間はこの2本のラインの間で日々生活している。
そして、この当たり前のラインを超えた時に、快・不快の感情が出てくる。
その幅の広さは人によって異なる。

現代の日本人は当たり前のラインが上がり過ぎていると俺は思う。

小さな事で不快を感じ
小さな事では快を得ず、時としてそれが当たり前になる。

なぜか?
感謝の気持ちと謙虚を忘れてしまうからと俺は思う。
ただ、それは人間である以上仕方のないこと。
完璧な人間などいないから。

その為に日々何かを見つける。
1日あれば、必ず感謝や謙虚はある。
『自分が今生かされている』事を感じる事が大事。

世界観
歴史観
死生観

3つの観点から自分を見た時に必ず感謝は生まれる。

戦国時代を生きた祖先

戦時中を生きた祖先

今の自分との時代との比較

日本人に生まれてきたこと。
五体満足に生まれてきたこと。
同じ時代を生きる世界の人々との比較。

食に困り、命の危険がさらされている国。
生きていれば色々な事がある。
そのたびに、一喜一憂しないこと。

『人は楽しいから笑うのではなくて、笑ってるから楽しくなる』

俺の部下や、女にはこの考えを徹底させている。


―ご主人様はちこに、こうも言いました。―

何とも思っていない奴に、俺はこんなことは言わない。
お前は何度も同じ事を聞いてくる。

―伝わらないのか?―と・・・


私は…何度も何度も、ご主人様の言った言葉を思い出しました。
メールも何度も何度も読み返しました。

ご主人様が私に与えてくれた言葉と気持ちを一つだって取りこぼしたくなかった。


泣いているのがばれないように普通に話しました。
でも電話の向こうの主にはすぐにわかってしまいました。

「俺との電話中に泣くな。」

でも、ボロボロと涙が出ました。
「すみません。」と謝りながら泣きました。


ご主人様の言葉の重みが、私の胸を押しつぶします。
私が今まで生きてきたなかで、育てそこなった『信頼』
鍛えそこなった『強さ』

きっと、諭してくれた人はたくさんいたはず・・・
ただ、私がそれを見てこなかった、受け入れてこなかった。
自分を否定されているようで、責められているようで・・・

ご主人様と出会って、変わっていく自分。
心の中がご主人様でいっぱいになる自分。
ご主人様に溺れていく自分。

怖くて・不安で・足りなくて…

ご主人様にぶつけた思いなんて、ご主人様はとっくの前にわかっていらっしゃった。

私が寂しい思いをしているのも、もっと欲しがっている事も、捨てられるんじゃとびくびくしてあたふためいている事も

私がご主人様の存在がどんなに大きいと思っているかってことも・・・

全部全部わかっているうえで、私自身がそのことに気付くように促してくれた。


意地悪な方。

自分と向き合うのが苦手な私は、逃げる。

でも、ご主人様は私を捕まえて離さない。

無理やりにでも、自分自身と向き合わせようとしてくる。

私の考えなんて易々とお見通しで、私が抵抗できない部分を容赦なく攻めてくる。

本当だったら、それは私にとって、「ウザい」の対象になる。

でもご主人様の言葉だから、ご主人様が私に投げかけてくれる気持ちだから

私はそれを大切に心の中にしまいます。

だって、こんな私を受け入れてくれる人なんだもの。

ご主人様に会いたい。
ご主人様に会って、言葉ではなくちこ自身で、わたしの気持ちを知っていただきたい。

少しずつ…本当に少しずつだけど、ご主人様とつながる糸は太く紡がれているのかもしれない…

別窓 | 主との事 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<孔雀 | Mの森 | 名残惜しい>>
この記事のコメント:
わあああ
「ぶろとも」の記事アップ欄になかったので
最近、ちこさん忙しいのかな?って思ってたら
こんなに更新してあった!

>人は楽しいから笑うのではなくて、笑ってるから楽しくなる

あー、ぺこの飼い主さんも似たようなこと言うなあ、
自分から恐怖を作るな、みたいな感じ。

悲しいとか苦しいとかって、
けっこう自分がそう思いたくて思ってたりしますよね。
そこばっかり見ないで、たとえ些細なことでも
いいところを見つけて満足したほうが確かに楽しい。

・・・なかなか、できないですよねえ・・・・

2011-07-10 Sun 01:32 | URL | ぺこ #-[ 内容変更]
Re:
ぺこさん
コメント遅くなってしまってすいません(><)

なかなか出来ない事を部下や彼女さんに徹底させる…そんな主の心意気もすごいなって思うし、きっと主自身もその気持ちをモットーに自分を奮いたたせてるのかもしれません。

やっぱり…そうゆう所大好きです(≧∇≦)
2011-07-10 Sun 22:21 | URL | ちこ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
top↑
| Mの森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。