FC2ブログ
支配される事―。 自由を奪われ、主に心も体も繋がれる… そう考えるだけで、背中がぞくぞくしてくる。 こんな気持ち、誰にも打ち明けられない… だからブログを造りました。 私が本当の私でいられる場所… 訪問者は遠慮なくこの森に迷い込んできてくださいませ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
叱咤
昨日の夜…

ちこはご主人様に
『自分が今抱えている問題に答えが出せない…』

とメールいたしました。

前に進む事が怖くて

進むべき道を見失って

何が正しいのかわからなくなって

うぇ~ん(ノ△T)
と、泣いてご主人様に鼻水垂らしてしがみつきました。

助けて。
助けて。

ちこを救って。
『可愛そうだね』と優しい言葉をかけて頭を撫でて…って。


そして…
今日の夕方…

ご主人様からお返事が来ました。

ちこの望んだものとは全く違うものでした。

―叱咤―

怒られているのか
突き放されてるのか
びっくりしてすぐに理解はできませんでした。

でも何度も読み返して…

一気に文章を打った感じ…

目の前で言われている感じ…

ご主人様の気持ちがそのまま声になって届いたような感じ…

ちこは…
頬にビンタをくらったようでした。

私は勘違いしていました。

ご主人様と私は傷口を舐め合うような湿っぽい関係じゃない。

そうじゃない…

なんていうかもっと…
前向きで…
相手を想い合って…
慕って…
尊敬して…
与えて…
与え合って…

そうゆうのだった…
ご主人様の言葉のビンタのおかげで

ちこはもう一度
落ち着いて
自分と向き合ってみようと思いました。

素直に…

そしていろんな角度から自分の置かれている状況や
相手の事や
これからの事を見てみようって。

頭の中で絡まった糸を
時間をかけてゆっくりほどいていこう…って―


ご主人様言ってました。


『迷いなんかいつまで経ったってあんだよ。』って。


あ~…
嬉しい。

ご主人様が私を叱ってくださった。

何も思っていなければ、何も言わないもの。

ご主人様忙しいんだから!

だから…
余計に嬉しいの。

泣き虫ちこは
ボロボロ泣いて
目が取れてしまいそう。



でもね。

いつかちゃんと笑うの。

笑ってご主人様に言うの…

『幸せですよ』って…
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<誰かを信じる事の難しさ | Mの森 | 鬼ごっこ>>
この記事のコメント:
top↑
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
top↑
| Mの森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。