FC2ブログ
支配される事―。 自由を奪われ、主に心も体も繋がれる… そう考えるだけで、背中がぞくぞくしてくる。 こんな気持ち、誰にも打ち明けられない… だからブログを造りました。 私が本当の私でいられる場所… 訪問者は遠慮なくこの森に迷い込んできてくださいませ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
主の本心 私の本性
仕事が終わって子供を迎えに行くまでにいつも1時間程 余裕がある。

普段は買い物をしたり一度家に戻って洗濯をしたり忙しない。

でも―
今日はどれもしたくなかった。

少し独りになりたくて、保育園の近くに車を停めた。

窓を開ける。
たっぷりと湿気を含んだ風が肌に触れた。
最後に声が聞きたい―。
リダイアルを押した。

コールが鳴る。

留守電になったのでメッセージも残さずに切った。

メールの受信音が鳴った。

『どした?』

『声が…聞きたいです―』


『俺はちこの事を奴隷として接している事を他人に知らせたい』

『俺は、可愛がってるちこが、やらしくなればなるほど満足する。そして興奮する激しく。
まだまだお前は足らない。だから調教が必要なんだ』

突然明かされた主の気持ち。

戸惑いながらも主の気持ちをゆっくりと噛み締めた。

私は主にちゃんと可愛がられてたんだ。

愛情を頂いていたんだ。

全身が疼く。

主は他人に私を知らしめたいと言う。

主の前で他の人に凌辱される…
赤の他人の前で主の調教を受ける…

考えただけで私は濡れてしまいました。
疼きはとまらず体が熱くなります。


『ご主人様…お言葉が胸を掴んで苦しいくらい今ちこは喜びを感じています。

ご主人様は私を可愛がってくださる。
私はご主人様の前で今以上に本当の私をさらけだしてもいいんですね…
ご主人様は私を受け入れてくださいました。

私はご主人様の前で淫らに欲望のまま溺れていいのですね。
そしてその姿にご主人様は興奮してくださる…
ちこを調教してください。
ご主人様にどこまでもついていきます。


初めて声を交わした時、
主は私の中の性をこじ開けて犯した。
手首を縛り激しく後ろから突き上げ首輪をかけた。

私の性は主を望んだ。

不思議な気分。

自分が他人に服従し仕えたいと思う事

誰にも見せられなかった淫らな自分の性癖。

それを打ち明けられる唯一の存在

ありのままの私を受け止めてくださる主に愛しさを感じる

言葉に抱きしめられたよう。

涙が出た。


主従関係は恋愛ではない。
でも…この感情は恋愛とは次元の違う何か…。

主とその何かを見つけていけるといいな。
別窓 | 主との事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<気持ちの切り替え | Mの森 | 曇天>>
この記事のコメント:
top↑
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
top↑
| Mの森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。